吹奏楽コンクール

吹奏楽コンクール 2016.10.19

東京都吹奏楽コンクール・大学の部!

まもなく全日本吹奏楽コンクールが開催されますが、東京都吹奏楽コンクール(都大会本選)・大学の部の模様をお伝えします。

 

大学の部に出場したのは、予選を通過した8団体。代表に選ばれるのは2団体です。ちなみに、前年まで代表は1団体で、昨年は東海大学吹奏楽研究会でした。

 

さて、都大会本選は中学や高校もハイレベルなのですが、大学の部もかなり聴き応えがありました。

 

トップバッターで登場した立正大学吹奏楽部の自由曲は天野正道作曲《「故郷…鼓響II」I.童歌 II.奏春 III.鼓響》。童謡という和風のテーマからジャジーな要素まで入った楽しい曲で、エンタテインメント性もある演奏でした。もちろん、音の厚みなど音楽的にも素晴らしかったです。指揮をする佐藤正人先生と天野正道さんは同じ秋田県の出身で、共通の故郷のイメージを持つこともプラスの影響があったかもしれません。

 

続いて登場した昨年の代表団体、東海大学吹奏楽研究会も非常に印象的な演奏でした。自由曲《時に道は美し −愛について−》(長生淳)は、冒頭からラストまで音がブレンドされ、非常に一体感のある演奏。哀愁の漂う優美な音楽が感動的でした。課題曲Vも文句なしの出来でした。

 

専修大学、玉川大学、中央大学は課題曲がまとまっていました。明星大学は課題曲・自由曲ともによく集中していて、音もよく響いていました。

 

ちなみに、課題曲は8団体中5団体がV《炎》(島田尚美)をチョイスしていました。

 

そして、審査結果は以下のとおりになりました。

 

1 立正大学吹奏楽部 金・代表
2 東海大学吹奏楽研究会 金・代表
3 専修大学吹奏楽研究会 銅
4 玉川大学吹奏楽団 銅
5 中央大学学友会文化連盟音楽研究会吹奏楽部 銀
6 創価大学パイオニア吹奏楽団 銀
7 駒澤大学吹奏楽部 銅
8 明星大学学友会吹奏楽団 金

 

全日本吹奏楽コンクールに出場する代表は立正大学と東海大学でした。おめでとうございます。

 

また、昨年の都大会では銅賞だった明星大学が一気に金賞へとジャンプアップ! しかも、都大会予選では(賞と得点が公開されています)、明星は銀賞で、8団体のうち8位での通過だったのです。おそらく、予選から本選の間に大きく進化を遂げたのでしょう。

自由曲は天野正道作曲《天雷无妄》でしたが、金賞に値する演奏だったと思います。

 

明星には以前オザワ部長も一度練習見学に行きましたが、俄然注目の大学になってきました。

 


 

 

さて、都大会本選から遡ること約2カ月前。オザワ部長は神奈川県の厚木市文化会館で行われた東海大学吹奏楽研究会(吹研)のサマーコンサートを観にいきました。

 

img_5610_2

 

その際もコンクールの課題曲Vと自由曲《時に道は美し −愛について−》が演奏されました(この時点ではまだ確定ではなかったとのこと)。常任指揮者である福本信太郎先生の指揮による演奏は、かなり完成度の高いものでした。とはいえ、都大会本選はさらに洗練された演奏になっていたのですが…。

 

また、音楽アドバイザーでもある加養浩幸先生が指揮をした《アルメニアン・ダンス パートI》はド迫力! 冒頭の大迫力、中盤の美しい流れ、そして後半の弾け方…。圧倒されました。ところどころ指揮を振らずに音楽を導いていく加養先生のカリスマ性もすごかったです。

 

他にも、総勢140名というメンバーが入れ替わりながら繰り出していく《ハウルの動く城》やマーチングステージなど本当に楽しく、時間があっという間に過ぎていきました。

 

昨年、全日本吹奏楽コンクール・大学の部に出場した東海大学吹奏楽研究会は、連続金賞が3年で途切れただけでなく、銅賞という結果に終わりました。主将の齋藤亮太さんもその結果を聞いた瞬間は頭が真っ白になったとおっしゃっていました。

 

今年の全国大会の地は金沢。東海大学吹奏楽研究会の出場順は5番です。都大会よりもさらにさらに磨き上げられた演奏が金沢歌劇座に響くことを願っています!

 

というわけで、終演後に2015年に精華女子高校を卒業して現在は吹研で活躍しているトランペットの森真衣子さん(実は、オザワ部長の『あるある吹ペディア』にも登場しています)、オーボエの長友麻佑さん、そして吹研の広報局長であるホルンの田本法子さん(※田本さんはマーチングの超強豪、湘南台高校のご出身)と記念写真!

 

dsc00067_2↑左から、森真衣子さん(2年生)、長友麻佑さん(2年生)、スタン・ゲッツ…じゃなくてオザワ部長、田本法子さん(4年生)です。ちなみにこのポーズは《例のポーズ》ではなく、精華ポーズ。手が蓮の花のような形になっているのがポイントです。

注目記事・特集!