吹奏楽コンクール

マーチングコンテスト 2016.01.29

【『吹部ノート』登場!】安城学園高校吹奏楽部のマーチングコンテスト

2月14日に刈谷市総合文化センター アイリスホールでの定期演奏会を間近に控えている安城学園高校吹奏楽部は、オザワ部長の著書『吹部ノート』では、中身はもちろん、カバー写真や口絵にも登場してくれました。

 

Print

 

さて、今回の定期演奏会は1年間の活動の集大成となるわけですが、2015年度の安城学園高校は全日本吹奏楽コンクールには出場できなかったものの(東海大会銀賞)、マーチングでは見事に全日本マーチングコンテストへの出場を果たしました。

 

DSC08842_2

DSC08848_2
↑全日本マーチングコンテストの本番を控え、大阪城ホールの外の公園で音出しをする安学メンバー。

 

11月22日に大阪城ホールで行われたコンテスト本番。
安城学園は、音がよく伸びた華々しいファンファーレから始まり、坂井貴祐『セレモニアル・マーチ』とコンクール自由曲でもあったグラハム(グレイアム)『巨人の肩にのって』を演奏しながら、終始小気味よい演技を披露。

ときに軽快に、ときに勇壮に奏でられる安学サウンド、やっぱりいいなぁ。後半は怒涛の盛り上がりで、客席で観ていたオザワ部長も思わず鳥肌でした。

 

ピッコロトランペットでソロを担当した1年生の「いずみん」こと鬼頭泉さん(『吹部ノート』登場)は、「緊張したけど、楽しかったです。“大阪城ホールで吹く”という小学校のころからの夢をかなえることができて嬉しかったです」と語っていました。

いずみんは大阪城ホールでマーチングをしている安城学園高校を見て憧れを抱き、東京の親元から離れて寮生活を送りながら部活に励んできた頑張り屋さん。夢がかなって本当によかったです。

 

DSC08844_2↑中央左がいずみん。腰にはソロで使用するピッコロトランペットが用意されていました。

 

そして、安学の顔として部を引っ張ってきた部長の「ユイ」こと重光由衣さん(3年生・トランペット)。重光さんには全日本マーチングコンテストの表彰式後にインタビューをさせていただきました。では、お読みください!

 

−−全日本マーチングコンテストでの演奏演技はいかがでしたか?

「本番前に体育館でやった最後の通し(ランスルー)は完璧だったんですけど、本番は少しミスが目立ちました。実は1ヶ月前にマーチングを基本からすべてやりなおしたんです。思えば、2015年は部活の体制も変わりましたし、安学が変わる1年、新しいスタートを切る1年だったかなって思います。座奏では東海大会銀賞で、全日本マーチングコンテストでも銀賞だったのは悔しいですけど、長い目で見ると1・2年生が来年以降に金賞に輝くための土台にはなったと思いますし、本当にそうなれば嬉しいです」

−−目が潤んでいますね。

「悔し涙じゃないんです(笑)。今までのことなんかを思い出したら、自然と泣けてきました。前に取材していただいたとき(『吹部ノート』取材時)も言いましたけど、金賞をとったら感謝できるのは当然ですよね。でも、銀賞だったからこそ、まわりの人たちにどれだけ支えられていたのかがわかりました。本当に今年は“支え”に気づくことの多い1年でした」

−−銀賞と発表されたときはいかがでしたか?

「ちょっと覚悟はしていました(笑)。でも、やっぱりショックはありました。正直言えば、今年はゴールド金賞や代表と言われる回数が少なかったので、『もっと言われたかったな』と思いました」

−−それでも、2015年の活動には納得できている感じですね。

「そうですね。目に見えない部分でもいろいろと部内のことを変えられたことは良かったと思っています」

−−いよいよ高校での吹奏楽生活もわずかですね。

「はい。もう大会はないので、残る時間で私たちが3年間教わってきたことを後輩たちにちゃんと伝授したいですし、後輩たちにはさらに上を目指してもらいたいです。そして、高校最後の吹奏楽生活を全力で楽しみたいです」

 

DSC08846_2↑一番左が重光由衣部長。ちなみに、お姉さんも安学の元部長で、『笑ってコラえて』で取り上げられていました。

 

重光さんが2015年に経験したことやその思いは『吹部ノート』に書いたとおりですが、いつも支えてくれる人たちへの感謝と後輩たちへの思いやりを忘れない姿勢には感動させられます。本当に素敵な部長さんです。

そして、最後まで自分たちのやるべきことをやりきり、全国大会銀賞という立派な結果をつかみとった安学マーチングメンバー、サポートで奮闘した部員さんたちには、心から「おめでとう」の言葉を送りたいです(ずいぶん遅くなってしまいましたが…)。

 

重光さんたち3年生にとっては最後のステージである定期演奏会の成功、さらには2016年の安城学園吹奏楽部の活躍を期待したいです。

 

DSC08865_2

 

第56回定期演奏会ポスターA

 

 

●安城学園高等学校吹奏楽部公式サイト

 

●ある吹netの関連記事



 

●安城学園も登場する『吹部ノート』、大好評に感謝!

 

●安城学園高校吹奏楽部のページでも『吹部ノート』を紹介していただいています。

 

注目記事・特集!