ぶるんぼ・346のお笑い吹奏楽部!

お笑い 2015.11.20

【ぴかいち 346・連載(14)】吹奏楽のための桃太郎

マクドナルドの看板の『M』を見ると、「マクドナルドでハンバーガー食べたい」よりも「マーチングしたい」欲にかられ、自分は大丈夫か?と病を疑っている今日このごろ。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、子供のころにはよく昔話を読んだものですけど、大人になって読んでみても意外に面白かったりしますよね。
皆さんもたまには童心に返って昔話を読んでみると面白いかもしれませんねー。

 

 

《昔話・吹奏楽のための桃太郎》

『昔、昔、あるところにおじいさん(以下OG)おばあさん(以下OB)が住んでいました。』

「略し方、まぎらわしいな」

『OGさんは山へ新入生狩りへ、OBさんは川へその新入生たちの楽器を決めるべく、選択させにいきました』

「何の話だよ。柴刈りと洗濯だろ」

『OBさんが選択させていると、川上から大きな桃が“ぶらすばんどんぶらこ、ぶらすばんどんぶらこ”と流れてきました』

「無理やり吹奏楽に寄せなくていいよ。擬音おかしいから」

『その桃をOBさんは家に持ち帰り、OGさんと一緒に木管と金管のバスの号車を分けるかのように真っ二つに割りました』

「その分け方すれば確かにだいたい半々になるけど! パーカッションはどっちかな?って毎回なるやつね! いや、なるやつね!じゃねーよ。何の話だよ!」

『すると、桃の中から男の子が出てきました』

「うん。やっとオレの知ってる桃太郎と同じ内容になったな」

『OBさんとOGさんはその男の子を桃太郎と名付けました』

「おじいさんとおばあさんの呼び方が気になるけど、他はいい感じだよ」

『その後、桃太郎は普門館へ鬼退治に向かいました』

「普門館は平和なんだよ。鬼いねーよ。鬼ヶ島行けよ!」

『鬼ヶ島へ向かう途中、キジがいたので、キジを仲間にしようと桃太郎は腰につけたリガチャーをキジにあげました』

「何でリガチャーなんだよ。喜ぶやつほぼいねーだろ」

『キジは無言で去っていきました』

「キジ引いてんじゃねーか」

『少し歩くと、今度は猿がいたので、仲間にしようと桃太郎は腰につけた、譜面台についている譜面が勝手にめくれるのを防止する細い棒を二本あげました』

「猿に何あげてんだよ。あれだけもらっても使い道ねーんだよ。せめて譜面台やれよ。いや、譜面台じゃねーよ。きびだんごやれよ!」

『またまた少し歩くと、今度は犬がいたので、ドッグフードをあげて仲間にし、一行は普門館へたどり着きました』

「なんで犬だけリアリティーある感じなんだよ」

『普門館にいた鬼をキジがやっつけて、村に平和が訪れました』

「いや、キジ、リガチャーで仲間になってたのかよ! で、キジが鬼倒してんじゃねーか!」

『めでたし。めでたし』

「いや、何の話だよ」

『桃太郎懐かしいね』

「これ桃太郎じゃねーから! もういいよ!

 

ぴか吹!

ぴかいち 346    

 

DSC_0198↑OGさんとOBさんの桃太郎に爆笑! もっと他にも
「吹奏楽部のための昔話」ができそうですね〜。


 

 

【プロフィール】346(さんしろう)●お笑いコンビ「ぴかいち」のツッコミ担当。1986年2月3日生まれ。大阪府出身。中学時代に吹奏楽部に入って以来、現在まで打楽器奏者として演奏を続けている。現在、箕面市青少年吹奏楽団所属。一番好きな吹奏楽曲は『76本のトロンボーン』。
ツイッターアカウント⇒ @PIKAICHI346

 

ファンメール、定期演奏会などへの出演依頼はこちらまでお気軽にどうぞ。
MCや吹奏楽部ネタ、何でもします!
⇒ number346346346@softbank.ne.jp

注目記事・特集!