オザワ部長の注目吹部ルポ!

高校 2018.03.29

【東北の新星★】聖ウルスラ学院英智高校へ行ってきた!

先日、オザワ部長は宮城県仙台市にある聖ウルスラ学院英智高校吹奏楽部(通称・ウルスラ)を訪問してまいりました!

 

 

ウルスラは2011年に全日本吹奏楽コンクールに初出場。現在まで3回出場しています。また、全日本マーチングコンテストにも2016・2017年と2年連続出場。まさに「東北の新星」です!

 

ちなみに、ウルスラは私立ですが、女子校ではなく共学校です。

 

↑吹奏楽部がメインの練習場としている聖アンジェラホール。名前がカッコいい!

 

顧問を務めるのは、及川博暁先生。なんと数学の先生です!

同様に音楽科ではなく、指導する学校を何度も全日本吹奏楽コンクールに導いている藤林二三夫先生(現・平商業高校吹奏楽部顧問)を目標にしているとのこと。

藤林先生と平商業高校の奮闘ぶりはぜひオザワ部長著『吹部ノート3』をお読みください。

 

↑及川先生とは最近の部活を回るあれこれについて語り合いました。

 

ウルスラは近年、コンクールの自由曲に《管弦楽のための協奏曲》(三善晃)、《交響変奏曲》(平吉毅州)、《魁響の譜》(三善晃)といった日本人作曲家の現代音楽を多く取り上げてきました。

及川先生は数学が専門だけに、緻密に計算されて作り上げられた現代音楽に魅力を感じるのだそうです。2013年からは課題曲もVを続けてチョイスしています。

 

↑パソコン室(?)にて定期演奏会の準備の真っ最中!

 

そんなウルスラだけに「堅苦しくて、暗い部活だと誤解されることがある」と及川先生は苦笑します。

実際に練習風景を拝見しましたが、部員さんたちはむしろ明るくて穏やかな雰囲気がありました。少しはにかみがちなところがあるのも、「東北の人間らしい」と及川先生は言います。

 

 

キリスト教系の学校だけに、校内にはチャペルやマリア像などがあり、非常に清潔な印象でした。

昨年は惜しくも全日本吹奏楽コンクール出場を逃しましたが、今年もまた輝いてくれることでしょう!

 

 

なお、6月3日(日)には東京エレクトロンホール宮城にて定期演奏会(昼・夜2公演)が予定されています。ステージドリルやブラックライト音楽劇などもあるとのこと。

ぜひ足をお運びください!

 

 

 

 

 

注目記事・特集!