吹奏楽 TOP NEWS

ニュース 2017.04.26

【オザワ部長も感涙】山下達郎の名曲が吹奏楽に!

何を隠そう、オザワ部長は山下達郎さんの大ファン。もっともハマっていたのは大学時代で、大都会・東京の一人暮らしで寂しいとき、達郎ソングにどれほど励まされたかわかりません。

 

また、昭和世代の方はJR東海のCM「クリスマスエキスプレス」も記憶に残っているかもしれませんね。

 

↑オザワ部長の愛聴盤。他にも何枚も持っていまーす!

 

そんな山下達郎さんの名曲が、なんと吹奏楽アレンジされました!

アルバムが発売されるのはもちろん、吹奏楽用の楽譜までが4月25日にリリースされたのです。つまり、あのオシャレで切なくてキャッチーな達郎ソングを吹奏楽で演奏することができるということ!

やった〜!

 

タイトルは「SONGS of TATSURO YAMASHITA on BRASS」。しかも、山下達郎さんご本人の監修!

 

実は、山下達郎さんは吹奏楽部のご出身。担当は打楽器だったそうです。

吹奏楽の世界からこんな素晴らしいミュージシャンが生まれたかと思うとうれしいですね。現役時代はどんな活動ぶりだったのかもとても気になります…。

 

このアルバム&楽譜に収められるのは次の5曲です。

 

 (1)アトムの子(編曲:三宅一徳)
 (2)パレード(編曲:挾間美帆)
 (3)さよなら夏の日(編曲:三宅一徳)
 (4)硝子の少年(編曲:大坪稔明)
 (5)クリスマス・イブ(編曲:大坪稔明)

 

《さよなら夏の日》は夏の終わり、そして、少年時代や青春の終わりを思わせる切ない曲。中学校や高校の吹奏楽部の演奏会にはぴったりです。

そして、《クリスマス・イブ》! クリスマスコンサートや年末のコンサートにこれ以上マッチする曲はないでしょう!

 

↑喜びのあまり、うちのアルトサックス「セル夫(仮)」と記念撮影!

 

オザワ部長も早く実際に演奏されるところを聴いてみたいです(もちろん、機会があれば、自分でも吹いてみたい!)。

皆さん、ぜひどんどん演奏してみてくださいね〜!

 

●詳しくはこちら↓

 

山下達郎の40年以上に及ぶキャリアの中から、本人が厳選した5曲を吹奏楽にアレンジしたスコア(総譜)集です。大編成向けのフルスコアが5曲分、掲載されています。スマイルカンパニーから発売される同名CD『SONGS of TATSURO YAMASHITA on BRASS』とともにお楽しみください。第一線で活躍するアレンジャー陣による編曲のポイントなども掲載されていますので、本格的な吹奏楽アレンジを学びたい人にもお薦めです。

情報源: SONGS of TATSURO YAMASHITA on BRASS | リットーミュージック

注目記事・特集!