吹奏楽 TOP NEWS

イベント ニュース 2017.07.29

【クラウドファンディング】「コントラバスのためのソロコンテスト」実現へ皆さんの力を!

みなさん、こんにちは! ある吹net編集部・部員Fです。

 

吹奏楽の中で唯一の弦楽器であるコントラバス。縁の下の力持ちとして、いつも舞台上手側から全体のサウンドを支えてくれていますよね。

そんなコントラバスですが、皆さんは、吹奏楽でのコントラバスの演奏ではなく、コントラバスソロの演奏を聴いたことはありますか? サックスや、フルート、トランペットなど普段から吹奏楽でメロディーを担当している楽器のソロを聴いたことはあるけれど、コントラバスのソロは聴いたことがない! という人がほとんどではないかと思います。

 

実際、コントラバス奏者は、「ソロを演奏したくても機会がない」「ソロコンテストに出場しようと思っても、まわりは普段からメロディーを担当している楽器ばかりで不利に感じる」などの悩みを抱えていることがことが多いようです。

 

そこで立ち上がったのが、書籍『パワーアップ吹奏楽! コントラバス』の著者としても知られる、コントラバス奏者・鷲見精一(すみせいいち)さんです。

 

鷲見さんは、あのシエナ・ウインド・オーケストラの客員奏者も務める名プレイヤー。また、春日部共栄高校や、愛媛県立伊予高校、神奈川大学など、全国の吹奏楽部のコントラバスパートの指導にもあたられています。

 

 

今回、鷲見さんはクラウドファンディングで、逆境に苦しむ生徒たちのために「コントラバスだけのソロコンテスト」を開催するというプロジェクトを開始しました!

 

クラウドファンディングとは…群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語。起案者による「ある目的」のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ること。

 

「コントラバスだけのソロコンテスト」プロジェクトが掲載されているクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」では、決められた期間に目標金額が集まると、そのプロジェクトを実現することができるようになります。また、出資した支援者へは、起案者からのリターン(お返し)として、様々な商品やサービスが提供されます。

 

コントラバス奏者の、コントラバス奏者による、コントラバス奏者のためのコンテスト。企画趣旨に賛同する方は支援を検討してみてはいかがでしょうか?

 

●CAMPFIRE「コントラバスだけのソロコンテスト」ページ。鷲見さんの熱い思いも綴られています!

ある吹net編集部・部員F  

 

 

注目記事・特集!