吹奏楽 TOP NEWS

コンサート 2017.11.25

【明日11/26開催】吹奏楽の名曲をフルオーケストラで奏でるコンサート

管弦楽曲を吹奏楽で演奏することは多くても、その逆は珍しいのではないでしょうか?

吹奏楽の名曲をフルオーケストラで…そんなコンサートが開催されるという情報が届きました。

開催は明日11月26日!

 

詳細は下記をご覧ください!

 


阪神間で活動する「交響楽団ひびき」(こうきょうがくだんひびき)は、平成29年11月26日(日)に神戸文化ホール(兵庫県神戸市中央区楠町4-2-2)にて、「オータムコンサート2017」を開催致します。

 

【演目】
J.バーンズ   アルヴァマー序曲(管弦楽版)
保科 洋     風紋(管弦楽版)
A.リード    アルメニアンダンス パート1(管弦楽版)
M.アーノルド  ピータールー序曲
R.グリエール  バレエ組曲「青銅の騎士」より抜粋
O.レスピーギ  交響詩「ローマの松」

客演指揮:新通 英洋

後援:兵庫県、神戸市、神戸市教育委員会、(公財)兵庫県芸術文化協会、兵庫県吹奏楽連盟、

文化庁「関西元気文化圏」参加事業

 

チケットは当日販売・前売販売とも500円、なお、3才以上の未就学児は入場無料、3歳未満のお子様のご入場はご遠慮頂いております。

当団は2004年、大学オーケストラでテューバを演奏していた初代団長が発起人となり、関西圏の学生オーケストラ出身者を中心として発足。演奏テクニックとしての「響き」の追求と、お客様一人ひとりの心へ「響く」演奏を心がける、という思いを込めて、「交響楽団ひびき」という名称となりました。

「プレーヤーもお客様も共に楽しくないことはしない」をスローガンとし、「自分たちが演奏したい」、「誰もが知っている」、「どこかで聞いたことがある」、「(知らなくても)聞きやすい」を調和させた選曲を心がけて活動し、これまでに17回の演奏会を開催したほか、第16回・第17回・第24回コープこうべ第九コンサートにおける伴奏を実施してきました。

今回は、普段吹奏楽を聴かない方や、逆に普段吹奏楽を楽しんでおられる方々も、是非お越しいただき、改めて吹奏楽の”楽しさ”を感じていただけるようなプログラムによる演奏をお届けいたします。

 

なお、「アルヴァマー序曲」と「アルメニアンダンス パート1」は、正式に編曲許諾をいただいた上で、当団団員による編曲チームにより編曲された、「ここだけでしか聴けない」サウンドとなっています。

どうぞ宜しくお取り計らいのほど、お願い申し上げます。

 

 

●交響楽団ひびきホームページ
http://www.hibiki2004.net/web/
(Facebook)https://www.facebook.com/symphonic.orchestra.hibiki

注目記事・特集!